噎せたとき。-NEWS

*慶ちゃん
ゴ、ホンゴホン...」
『へえーーへえーだい、大丈夫??水、水、水どこ...』
慌ててぐるぐる回って。
『あ!こっち!あ、えーコップ、コップ、あんたコップどこ…』
またぐるぐる回って。
『大丈夫?いやーもっとゆっくり食べたほうがいいっていったんじゃんーもうー』
慌ててまだ探せない。

(いやいやいや落ち着いて...)
(っていうかコップは私の目の前にあるだけどw)


*手越くん
「ゴ、ホンゴホン...」
『おやおや、どうしたのー!』
「う、お、コンコン...」
『えww大丈夫ww..?』
「コンコン...」
『ひどいねww』 優しく背中を撫でてしてくれた
『水飲んだほうがいいのかな、..あ、俺が人工呼吸してあげたほうがいい?w』

(そういう冗談の場合じゃなああい///)
(とにかくずるい)

*まっすー
「ゴ、ホンゴホン...」
『あら、何?』
「これに...コン、ゴホン..

『もうー子供じゃねえからさー』
立て、眉根を寄せながら背中を撫でてしてくれた
『はい、飲んで』水を注いでもらった。
飲んでる最中。
『...まあ、でも珍しく、可愛かったね』
「ぷーコン、ゴホン..」
『もうー汚っ!勘弁してくれよ』

(全部あなたのせいだよー!)
(でもやはり好き)

*シゲ
「ゴ、ホンゴホン...」
『うん?大丈夫?w』
「だ、じょ、ゴホンゴホン...」
『www絶対大丈夫じゃねえじゃん!』
立って水を注いでもらった。『はい、どーうぞw』
水を飲んだら落ち着けた。
『大丈夫だった?って何にやられたの?』
「...これ」
『魚にもやられたことある?wwお前天才だな』
笑いながら頭をぽんぽんしてくれた。

(もうとりあえず優しい)
(笑顔も素敵過ぎる)