落ち込んだときー手越

你一如往常的,縮在沙發邊上玩著手機遊戲,
「ね、祐也」
『何?』
「...」
把頭靠在你的肩膀上
『えっ、どうしたのー?急に...』
「今日はね、また落された」
『う、あ、前に言ってた会社?』
「うん、もうーわからなくなっちゃった...」
『うん』
「つらい、どうしよう、このままと私...」
眼淚潰堤
『うん...』
你看著我,遊戲音樂停了下來,你把手機放下,
轉過身來,將手伸進我的髮梢,拇指劃過我的頰,擦去我的淚。
靠在沙發椅背上,歪著頭看著我,牽起我的手,
輕輕地握著,用兩手把我的手包起來。
『大丈夫だよ、あんたそんなに素敵で、もう少しだけで決めると思うんだ!』
「...うん」
你看著我,眼睛都是憐惜與滿滿的愛。
『疲れたね、ちょっと寝たほうがいいと思うよ』
『スッキリ寝て、明日も頑張れるもんな!』
「...」
『いい?』
「...じゃ、もう、帰っちゃうの?」
『うん?いてほしい?』
你把我的手牽起來,一個緊握,一個笑容。
『しょうがなねえな~w』
你手一拉,把我擁在懷裡。親吻我的頭髮。
『じゃ...あんた寝るまでずっと、そばにいてあげるね』