大きな仕事を迎えて、頑張りたいけど怖いときー慶ちゃん

『どうした。そんな顔して』
你在我身旁坐下來,用手輕輕拂過我的頭髮。
「今日はね、卒論発表の日程、先生と相談したの」
『おっ、よかったじゃんー、もう決まってんの?』
「うん。」
『で、いつ?』
「一回目の発表練習はね、6月12日の朝方なの」
『6月…12…あら、東京ドームの翌日じゃん』
「そう。慶ちゃんを見に行くと決まってるんだけど、不安いっぱいで…」
『うーん、じゃあ、来てくれないわけか…』
你掩住失望的語氣。
「いや、行くよ!絶対行く!慶ちゃんも、シゲも、まっすーも、手越君も、会いたい」
「4人とも、どうしても、会いたい…だから、頑張らなきゃ…」
像是在跟自己說話一樣。拼命給自己打氣,拼命在說服自己…

你歪著頭看著我,嘴角上揚,溫柔滿溢出你那美麗的眼睛,
『ほら!おいて、抱かせて!』
你張開雙臂,迎接我的胸膛。
我把頭埋入你的胸懷,
用手環繞你的腰間。
你有力地將我,緊緊的貼近你的胸膛,
像溫暖的棉襖,將我整個包進柔情中。
你把頭反埋在我的耳側,
清爽而帶有香氣的頭髮搔著我有點癢,但我沒有躲開。
你悶悶的聲音『あなたなら、大丈夫だよーー』
『私でよければ、あんたの力になりたいなあー』
你微微抬頭,靠著我的耳朵,輕聲說。
『ずっと、そばにいるよ。頑張って。』

「う、ん。頑張る…」
臉燙死了,你好煩,好喜歡你。