約束がある場合ー慶ちゃん

我從沙發起身,
他突然拉住我的手腕,
抬著眼睛用無辜的眼睛看著我
『もう行くの?』
「約束があったって言ったじゃん」
『…』
你突然不說話了,帶著雙眼皮下的眼眸,
似乎在思考些什麼。
「何よ?」

突然,他刷地站了起來,
用力把我抱在懷裡。
用下巴輕靠著我的頭頂
然後,吸一口氣,在我耳邊說
『なんか、うん、浮気…しないでね、ちょっと不安になって…』
突如其來的這句話,

真是好氣又好笑。
只好,緊緊的環住他的腰。
「…もちろん、するわけないじゃん」
耳邊仍感受到他的鼻息
『…本当?』
「何の心配だよ!もう。」
他的臂彎突然更有力的,
把我擁近他的胸前。
頭頂上感受到他的臉頰的溫度。
『よかった。早く帰ってきてね』
「…うん。」
他在我頭頂上一個輕吻。
把我鬆開。
我感覺到我的手臂背脊。
還殘存他的溫度和力道。
在我面前微微地笑著,眼睛滿滿都是愛惜
拍拍我的頭
『ありがとう!大好きだよ。ごめんな、わがままなことを言っちゃって』
他轉過身拍著沙發上,
那大大的そらジロー玩偶,
伸了一個大大的懶腰,
針織衫下面露出一小截結實而美麗的腰線。
『さてと、私も何を食べようかなっと♪』
看他走向冰箱彎著尋找甜食的背影。
強忍不住,過去抱住他的衝動。

碰。我把整個臉貼著你的背脊。
雙臂緊緊地,環著你的腰。
…不想放手…
『へえ?!ど、どうした?』
「うんーーもう、行きたくない」
『へええーwwwwもう無理これ、待って、お前...ちょーかわいいだけど///』