同窓会行った場合ー手越

我真的後悔來這同學會了。
雖說已經分手很久了,
但眼見已經完全被那人當成空氣,
彷彿我們的一切都早已是被遺忘的事實…
心中總覺得…
手機畫面突然跳出的LINE訊息。
『いつ終わり?』
「まだ長そうだけどそろそろ帰りたい」
『ちょうどよかった。サッカー終わって寄り道で下にいるよ』
『家まで送るわ、出て』
真是,每次都這樣,
總是彷彿懂我在想什麼。

匆匆跟大家告了別,有點心虛像是逃走似的走下樓打開店門,
熟悉的白色藍寶堅尼停在門口。
輕便白色T恤和清爽的金髮,
踢完足球淋浴後的他的一貫裝束。
『いい?じゃ行くよ!』
熟練而敏捷的操縱方向盤,習慣性舔著嘴唇,很快的,路旁景物開始往後退。
『どうだった?楽しかった?』
「うん、楽しかったよ」
『よかったじゃない?久しぶりだもんね』
他眼睛看著前面,單手操縱方向盤,
另一隻手肘靠著門,撐著頭開始哼歌。
他隨意的歌聲總是那麼透徹,柔和得令人舒服卻又感傷。
『…こんなにも 痛いのなら
友達のままで よかったのに…』
是歌詞的關係嗎,還是他的歌聲,還是…
眼淚不聽話的掉下來,無法停止…

來不及別過頭,歌聲驟然停止。
『ちょっと、どうしたの?ありゃ…』
他方向盤一轉,車子停到旁邊的便利商店停車場。
『何で?どうした?』他抽了幾張面紙給我
「…」
因為被以前的男朋友遺忘,這種爛理由怎麼說得出口。
『彼のこと?そうだろ?あいつ何をやったのか?あのくそ野郎…』
「いや、違うの、彼のせいじゃない…ただ、ただ、会うと…つらい…」

他的手拂過我的頭髮。手的溫度和力道。
然後,輕拍我的頭,
『ほら、こちらに向いて?』
輕輕的把我的頭轉向他。
他的琥珀色眼睛看著我,堅定、有力。
略帶貓嘴模樣的上揚他的嘴角,乘載著無比的溫柔。
『大丈夫、今日泣いてもいいんだよ』
『ただね、俺がお前のそばにいる限り、つらい思い、絶対させないから』
『これからの未来、絶ー対、泣かせないから、約束する』
『彼のことのために泣くのが、今日限定だよ。』
『明日から、
私のことのために、いっぱい笑ってね。いい?』

溫柔的嗓音,略帶著撒嬌的磁性。
他笑了,拍拍我的頭,輕捏我的鼻子。
『もう。かわいいなあー』
『泣いてもかわいいなあー』

喜歡的心情在膨脹。
先前讓我哭的那個人長什麼樣,我突然完全不記得了。