君しか見えないもの

部屋で簡単な夜食済ませ、
『寒いけど、せっかくなんで、ちょっとだけ外で散歩しない?』
彼微笑ましい表情でそう言った。

澄んだ空気で、寒いけど気持ちよかった。
夜空の下、あんまり人影がない公園で、
私たち、少し距離を取って歩いていた。
外で2人いるのは久しぶりで、なんか少し緊張してきた。

彼は、軽装のジャージとスニーカー、
髪がセットしていなく、
帽子のふちから僅かな髪の毛が見えたぐらい。
マフラーを高く高く巻いて、マスクでもう一層してしまい、
あんまりにも重ねた装備で、優しい目線がしか見えないのに、
こんなに普通な服でも、かっこよさが全然隠されず、
思わずちらっと見てしまった。

目線を感じた彼がこちらに振り向け、目を細めた。
『何を見てんの?俺、今どこか変?』
言いながら、自分の服装をチェック『まあ、めちゃレジャーだけど』
「うん、何でもない、これでいいの、慶ちゃんが」
『え、そう?まあーこういう格好って、あんたしか見せないけど』
相変わらず、慶ちゃんらしい優しいフォロー、
うれしいけど、少し恥ずかしくなってた。
何をしゃべらなきゃ…

「慶ちゃんやっぱ、普段服ちゃんとこだわってるね!女子より全然すごいもん」
『ww女子と比べるの?』
「だって私よりすごいもん。」
『自分をそこまで削すのはやめてw』
「だってその前ってさ、職場の同期の男の子に言われたの。『女子力まだまだだなあー』って」
『え、うそ、彼は何を見て言ってんの』
「あの日寝坊で髪の毛ちゃんと片づけなくて、後ろってね、少し寝癖ついたんで言われてただけ。」
『それだけ?』
「その時はね?wwいや、でも、彼とずいぶん仲良しだから、普段冗談話ばかりで」
『へえー』
「彼は、『いや、でもこれはこれでいいんだよ、ある意味かわいい』って。ある意味なんてひどくない?ww」
『…確かにひどいね、ある意味ってw』
笑いながら、慶ちゃんはトーンが少し低くなるように聞こえたけど、
表情はっきり見えなく、そのまま他の話題に振った。


部屋に戻り、玄関で重く重ねてた帽子、マフラーとマスクを外し、
やっと慶ちゃんのシュッとした顔見えた。

彼はしゃがんでいた姿勢で、スニーカーを丁寧に片づけてた。
あんまり見えない頭頂部の髪の毛が見えた。
先被った帽子でちょっとペタッとしたけど、サラサラで…
(『あー触ると気持ちよさそう…』)
つい、彼の頭をポンポンって撫でてみたら、
彼が見上げて、目を細めにして優しい笑顔。

そして、彼が立ち上がった瞬間、
私を引っ張って抱きしめてきた。
「う、な、なんで急に?」
びっくりした私を、ぎゅっーーと、腕に力を入れた彼は、
何も言わず、ただただ私の後ろ髪を優しく撫でていた。
彼の胸にくっついて、彼の温度を感じて、心拍数が上がる一方…

『…寝癖ってさ、俺しか見えないはずなのになあ…』彼は囁いた。
「うん?」
『うんー何でもない。大好き。』
そう言って、彼は私の頭にキスを下ろし、自分のあごをポンと置いていた。
さらにぎゅっと抱きしめされ、もう呼吸できない…。

「け、慶ちゃん、苦しい。…」
『あ、ごめんごめんw苦しかった?』少し腕をほどけてくれて、
やっと顔が彼の胸から解放された。

呼吸をしようと思い顔上げた瞬間、彼から唇にキスを軽く下ろした。
優しい目で見つめられ、顔が熱くて熱くてしょうがない。


『この表情、かわいい。可愛すぎ。誰にも見せないで。お願い』


この言葉に、もう胸がぎゅっと締めすぎで、
頷くしかできなかった。
…もう、他のものに見せられるもんか。

拗ねた。

シゲがシャワーを浴びた間に、ソファーに沈んで、
SNSを適当に見てたところ…

(「あ、何!この人!めちゃかっこいいじゃん!え、…」)

ある俳優さんに目引かれ、
思わず夢中に調べることに。

(「あーあ、かっこいいねーー」)
(「え!懐かしい、この映画にもいたの?えっ、うそ全然気にしていなかったー!」)

『…』
「あ!」
急に携帯がすっと上に手から離され、
ふわっとしたパジャマ姿の彼は、頭がタオルに覆われ、
まだ濡れてる前髪はおでこにペタッとしてた。

私の携帯を手に入れ、『んーーー』っていう顔で眺めてた。
「もうー何?返して!」
立ち上げ奪って、意外と素直に返してくれた。
『何を見てにやにやしてんのって思って、まさかの男!』
言いながら私の隣に腰を下ろした
「ニヤニヤしてないww ただかっこいいって思っただけなの!」
『まあ、かっこいいのは認めるわ。前に本人にも会った時もそうと思った』
シゲが指を携帯に指しながら言った。
「え!うそ!会ったの!どこ?」
『テレビ局のエレベーター、…ちょっとお前このテンション高すぎるじゃんwwww』
「え、本当?うわーいいなあーー会いたいなあーーー」
ソファーに倒しこんで、羨ましさ止まらない私に、
『んーーwそっか』
彼は少し笑って立ち上がって、キッチンで水を注いだ。

「しかも彼もその映画にも出演したよねー懐かしいなあーあの時なぜ気づかないんだろうーでもその時まだ可愛すぎるかなあー…」
本人にも会えた話で、少し興奮気味の私、また携帯に見込んでしまった。

そこで、携帯を再び奪い、シゲはパジャマのポケット中にそっと入れた。
「もうー返して…」
立ち上がった私はポケットに手を出したら、シゲはその腕を引っ張って止めた。
『今日はもう携帯禁止っす。』
「えーなんで!?」
抗議を示し、目を上げたら、
彼の少し暗くなった目と合って、思わずドキッとしちゃって…
その握られた腕に、じんわりと、彼が力入れてきた。

『…あーもう…』彼は目線をずらし囁いた。
(「え…」)

彼は一息吸って、私と見つめ合った。
澄んでいた瞳に吸い込まれようなところで、
いつものような整えてる顔、そして少し濡れていた髪の毛…

そして、彼が手を私の手に握り直し、恋人繋ぎになってた。
『なんか、ちょっとむかつくんだよなあー悔しいなあ』
急に、彼は私の唇にキスを軽く降ろした。

一回、二回、三回目…

そして、私のあごを、別の手で軽く引いて、
顔がやばい距離のところで見つめられた。


『…俺がいるのに他の男の事をいつまで言うつもり?』
声が低く、寂しく、心の中にぎゅっとしちゃって…

彼は吹き出して笑った。
石鹼の香り、いつもの安心感ある笑顔が広がれ。

『今度、許さんぞ!俺も一応男だな!』

昔から安心させてる存在が、急に目の前に崩れそうになった。
彼らの姿、笑顔、雰囲気、いつもの通り温かくて、優しくて。
ファン思い、メンバー思い、嵐を守ろうとする思い。
五人の中の一番いい着地点を見つけて、
そして、一番スマートな対応、トップのグループなりの堂々とする姿勢、
誇りしかないというか、
感動してたまらない。

五か一か。
これ以外の形だと、嵐というなに名乗れないという考えが、
泣きそうぐらい同感しすぎで。

 

嵐って。五人。
それ以外求めてない、求められていない。

 

ありがとう。


残りは、自分の寂しさとの闘いですね。...

前日、嵐のコンサートに行った。

心がぎゅっとしんどくなるぐらい幸せのあまりで、

こんなファンを安心させるグループがいるの?

こんなバランスがいい、グループの形が完璧すぎで...

 

11年前、私どうしてこのグループにはまってたのだろう。

なんでその時私は、このグループの活躍が期待できて、

このグループなら、これからもずっとずっとやり続けるってと確信したのだろう。

11年前の私に、よく見つけたな!って褒めたい。

 

5x20、このコンサートで、自分と彼らの歴史をさかのぼりはじめた。

音楽、ダンス、番組、コンサート、雑誌、

五人の声、姿、スタンス、役割...どんどん定着してきた。

お互いに信じて、尊重し、優しく向かい合ったり、

1人1人の個性を理解し、受け入れたり、

きっと五人とも、人柄がいい人間だから、

このような温かいグループになれるのでしょう。

 

ファンに対して、前と同じ距離にいられないが、

力限りのことをやってくれてた。

来年のand moreはまさにそう。

 

幸せなあ。温かいなあ。

逆に安心させすぎでいいの??って。笑

まあーいいか、もう家族みたいのものだし、

彼氏扱いじゃなく、もうお兄ちゃん好きな妹の感覚になってしまったのかな。

だって見ると落ち着くもん。

激動興奮より、もうはや落ち着く気持ちが勝ちになっちゃったの。

 

自分と五人との関係も、いいバランス取れるようになったような気がする。

気持ちちょうどいいところで。

 

ありがたい。

 

ね、NEWSよ、頑張れ、ほんとに頑張れ。

比較してしまうのもこっちの問題かもしれないけど、

でもね、でもね。悔しいの!ほんと...

だって、もっともっと大きいグループになれるはずだもん。

嵐ほどにはいけないと思うけど、

せめて進歩し続くこと、せめて安定して歩くこと。

それだけで十分なのに、なんでできないのだろう。

なんでつまづくばっかりなの。

 

もう疲れ始めたな。

苦しい…

まっすーのOO読んできた。
温かいね、さすが優男ですね!笑
ファン思いで本当に心からふわっときたなあ。
中国のファンのみんなも喜んでいて、ぜひぜひ来てくださいーって。

いやでもね...
まだまだ人気が、そんなに、実はね笑
そもそも日本のアイドルヲタ、比率にはそんなに多くはない。
いても、嵐、関ジャニ∞Hey Say Jump!ぐらいかな。

 

前に少プレで上海で会えてたファン、その中に知り合いがいた。
結構人気があるかって聞かれて、
空気を読みながらもちろん!って言ってしまったってw
そもそも、日本中すら認知度が低いなのに、
海外なんて知るか!っていうのが現状だね。厳しい。

 

前日、台湾で行った関ジャニ∞コンは、
チケット完売で手に入れない人気っていうけど、
行ったファンも、ほかGのファンが多いし、
日本から飛んできた方は断然に多いって、
行った友達(ちなみにNEWSファン)が言ってた。

しかも日本のファンが日本会場でおとなしくにしたのに、
なぜか海外で参戦すると、マナー違反ばっかり。
盗撮行為とか、銀テを取るために席から飛んだりとか。
SNSで台湾のファンがマナーが悪いっていうけど、
友達により、マナー違反のは日本の方も少なくなかった。
台湾のファンをせいにしないでください。という怒りが。

 

海外でコンサート、こういうこと起こるのです。

 

やはり。

日本で

見ます

NEWSロス。
そうです。なんか久しぶりロスしております。

久しぶりっていうのもちょっと嬉しいけど。

他のグループが様々な仕事に携わることになったネットニュースを見ながら、
悲しいというか、嫉妬というか、
悔しいというか。

NEWSだって素晴らしいよ
NEWSだって、歌うまいし、MC回せるし、面白いし、仲良しでお互いの気持ち通じ合うだから気がぴったりだし、
自由な人、話回させる人、ツッコみ人、ボケる人、全部いるよ。
ゲストいなくても、変な間にさせない
確かに色々な事情で、番組影響にも多少及ぶかもしれないけど、
テレビ番組MCとしてめちゃくちゃ似合うじゃん...!!!!と思ってる。

イメージ回復っていうのは時間かかると知ってるけど、
回復するためのきっかけも必要じゃん。

PONがもうないし、every.からも全然動く気配なし、
失うばっかり...。

嫌だなあ。

もっとほしい。番組もイベントも。
ちょこちょこ来るのが嫌だ。
気長にできる仕事、ほしい。

ほしいです。

お帰り

慎重に言葉選びずつも、やっと少し明るく感じがしました。
各番組で歌う音程にも感じられる1つ1つ丁寧な扱い、
さらにはっきりと、感情入れてくれて、
こんな聞けばわかる、見ればわかる進歩が感動的です。

メンバーと一緒の仕事が重ねてきて、表情もだんだん増えてきた幸せ。
今、たぶんこの数か月以来、一番心開いた笑顔でしょう。
ピアス、お帰り、
KEIICHIRO、お帰り、
慶ちゃん、アイドル続いてくれて、ありがとう。
ちゃんと向き合ってくれて、ありがとう。
NEWSの皆さん、彼を支えてくれて、ありがとう。
さらなる成長な姿を見させてくれて、ありがとう。

うれしいなあー本当に、うれしいなあ...

また龍太郎に行こうか。

お母さんに会いたい。笑